×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほくろ除去の前に

ほくろが除去をする前にほくろについて考えて見ます。ほくろができる原因はメラニン色素を生み出す脂肪が皮膚の深いとこ炉に集まることによって出来ます。ほくろの出来やすい体質の方もいらっしゃいます。害のないほくろと皮膚がんとの区別は重要です。出来ている場所によってほくろを除去しなければならないこともあります。足の裏に出来るほくろは悪性のホクロの危険性が高いといわれています。他には舌や唇に出来たり、手のひらや顔や背中に出来たりします。
人相学的に良いほくろと悪いほくろもあるし、ホクロ占いで良し悪しを判断してほくろ取りをする人もいます。また、ただ単にホクロがあるのがいやだとか、ほくろの出来ている位置がいやだからほくろ除去をする方もいます。特に最近は、ほくろ除去を行う皮膚科やクリニックが増えていますし、自分自身でほくろ除去を出来るほくろ除去クリームなども販売されています。

ほくろ除去にレーザーを使う場合

ほくろ除去をするのに一般的で簡単な手術がレーザーメス(炭酸ガスレーザー)を使う治療方法です。ただし、レーザーを使うほくろ取りは、ほくろの大きさが5ミリ以下の場合です。レーザーを使ったほくろ除去の手術は、5分から10分ほどで終わるのがほとんどですから、レーザーでのほくろ除去を体験舌方は、あっという間に終わったと思うようです。レーザーによるほくろ除去の手術中にはほとんど痛みがありませんし、出血量もほんのわずかです。
レーザーメスを使ってほくろを除去した場合は、一回の手術でほくろを除去することが出来ます。傷もほとんどないのでほくろ除去をした跡には小さな絆創膏などを貼るだけです。顔のほくろ除去をした場合でも、翌日には化粧が出来るほどです。炭酸ガスレーザーでのほくろ除去は簡単で確実なほくろ除去の方法といえるでしょう。

切除縫合法でのほくろ除去

ほくろ除去の方法に切除縫合法があります。この切除縫合法でのほくろ除去はレーザーメスでのほくろ除去に適さない、直径6ミリを超える大きなほくろの除去に適している手術です。
切除縫合法でのほくろ除去は、麻酔をして、メスでほくろを除去します。その後に手術用の糸で縫合して、一週間ほどで抜糸できます。ほくろ除去を舌後の抜糸までの間は消毒のために通院する場合があります。切除縫合法でのほくろ除去の際には、皮膚の検査をすることができるので、がんなどの悪性のほくろを発見することも出来ます。ただし、切除縫合法出のほくろ除去は傷跡が残ることがあります。出来るだけ顔などの目立つ場所のほくろ除去は避けた方が良いと思います。どうしても切除縫合法で顔のほくろ除去をする時は、経験豊富な医師に頼みましょう。縫合の跡を顔のしわの方向と一致させることでほくろ除去の跡を目立たなくすることが出来ます。

Copyright © 2008 ほくろ除去が必要な時